峰山高原リゾート 星降る高原キャンプ場でソロキャンプ!

梅雨の真っ只中、新しく買ったフォルツァでツーリング&キャンプがしたいけど、初夏の人気シーズンでキャンプ場がどこも予約がいっぱい。

そこで予約不可、当日申し込み可能な峰山高原キャンプへ行くことにしました。

週末は曇り時々あめの予報。果たしてどうなることやら。

写真の右にあるのが私のフォルツァ(MF08後期型)です。

受付はここで行います。

峰山高原キャンプ場とは

兵庫県神崎郡神河町にある『星空の見えるリゾートホテル、峰山高原ホテルリクラシア』の敷地の一部がキャンプ場になったところです。

冬はスキー場となるほど標高が高く気温が低い。

キャンプ場の標高は930mもあるおかげで日中でも気温30度を下回り明け方は少し寒いくらい(20度弱)です。

混み具合

受付時にフロントの方に確認したところ、

本日は13時半の時点で10組ほどが既に利用されているそう。

今日は曇り空で雨予報もあるためお客が少ないが、7月の連休(22~25日)は混雑が予想されるとのこと。(2021.07.10現在)

今年は東京五輪で連休があるので他のキャンプ場でも利用客がたくさん来るんだろうなぁ。

利用方法

まず正面の建物に入り(上部写真にて)、右手に進むとフロント(受付)があります。(体温チェックを忘れずに!)

フロントの右側に申込用紙が配置されているので、そちらに記入。

クルマ・バイクの方はナンバープレートの番号も記入します。

申込用紙をフロントの方に渡して、利用料金を支払います。

利用料金:1,000円

受付開始:12:30~チェックアウト:11:00

支払方法:現金のみ

事前予約は受け付けておらず、当日受付のみです。

連休で混雑する際はフロントではなく別のところで受付を行うようです。

クルマ・バイクの方は受付時に別紙を渡されるので、それを自身のクルマ・バイクの見えるところにおいて下さい。

ちゃんと受付を終えているか後ほど見回りで確認されるようです。

帰りはフロントに寄らず、そのまま帰宅してOKです。

受付前テントサイト設営は禁止です

設備

サイトの近くに水洗トイレ、炊事場が各1棟完備されています。

炊事場は冷水のみです。

ホテルの温泉を利用することも出来、フロントにて受付を行えば17時まで利用可能。

炊事場

炊事場の裏に灰・炭捨て場があります。焚き火やBBQをした際はここまで捨てに来ればOK。

ゴミ捨て場はありません。各自の責任で持ち帰りましょう。

トイレもきちんと清掃されていて気持ちいいです。灯りでトイレ内に虫が入ってくるため入り口の扉は毎回閉めること。(女子トイレは確認してません。あしからず)

男子トイレ

駐車場所

駐車場所は指定のスペースがあるのでそちらに駐車します。

サイト内へのクルマ・バイクの乗り入れは禁止です。

ですが、上手く場所が確保できれば車の近くでサイトが作れます。(後ほど写真にて)

バイクの駐車スペースは炊事場の隣です。(写真撮り忘れました)

カラーコーンがあるのですぐわかると思います。

混雑していなければ道路脇に駐車しても大丈夫とのこと(受付で確認済)ですが、当然ながら通行の邪魔にならないように配慮する必要があります。

ルールやマナーを守ってみんなが気持ちよく利用できるようにしましょう。

キャンプ場の風景(フリーサイト)

キャンプサイトは2か所あり、スキー場への道(一方通行)の手前を右に曲がると炊事場&トイレが近くにあるサイト。もう一つはさらに50mほど上ったところにあります。(今回私は後者を利用)

キャンプ場はスキー場の初心者コース(?)上にあります。

そのため場所によっては少し傾斜になっています。

一つ目のサイトがこちら。

炊事場から斜面の上を向いて撮影
炊事場から正面を向いて撮影
炊事場から斜面下へ向けて撮影

2つ目のサイトがこちら(今回利用した方)

少し傾斜になっています
閑散期は道路脇に駐車しても大丈夫

地面は芝生ですが、手入れされておらず草が伸び放題。おかげでフカフカです(笑)

小石や木の枝なども特にありませんでした。

ペグもハンマーなしでスッと入りました。(雨上がりでぬかるんでいただけかも)

Y字ペグや長めのペグにした方がいいかもしれません。

所々に木があるので、木陰にテントを張ることもできます。(ポールの代わりにはなりません。)

所々に鹿のフンらしきものが転がっているので注意して設営場所を選びましょう。

その他注意点

ゴミの捨てる場所はありませんので、各自持って帰ることになります。ポイ捨て厳禁!!

先ほども書いた通り、閑散期はバイクも道路脇に停めても大丈夫です。

しかし、混雑時は多数のクルマが列をなして駐車するため、バイクは指定のスペースに停めてください、とのことでした。

周辺への買い出し

キャンプ場は山の頂上付近にあるため、周囲にスーパーやコンビニはありません。

ホテルの売店に飲み物やお菓子が少し置いてある程度です。

近くのスーパー(マックスバリュ)、ホームセンター(コメリ)はクルマで下山して30分ほど、コンビニはヤマザキYショップ(19時閉店)で20分かかります。事前に必要なものを購入してからキャンプ場へ向かうことをおススメします。

ちなみにトップバリュの隣にダイソー(100円ショップ)があります。

キャンプ場への道は急な上り坂の連続なので2往復するのは大変です。(実際に大変でした)

今回のキャンプ風景

今回タープを忘れたため、ダイソー買ったブルーシートをタープ代わりに使用。おかげで小雨が降ってもなんとか濡れずにすみました。

夜はトップバリュでヒレステーキを鳥の軟骨を購入。お酒は発泡酒3本。

ダイソーで買った炭で焼きながらアニメ「ゆるキャン△ SEASON2」を観てました。(笑)

キャンプしながらキャンプアニメ観てたらテンション爆上がりですよ!

メスティンをケトル代わりに使う

朝食は愛用しているYOLLERの焚き火で、ダイソーのメスティン&固形燃料でお湯を沸かし、カレー麵を食す!

【トラブル】フォルツァのエンジンがかからない

撤収準備が完了していざ出発!って時にトラブル発生。

フォルツァのエンジンがかからない、、、

スマートキーは反応するけど、メーターの動きにキレがない。小刻みに震えてる。

セルスイッチを押したらメーターランプが消える。

ん?昨日まで調子よく走ってたのに??

後付けした電圧計を見たら、、、6Vしか出てない。バッテリー終わってるやん!!

昨日の事を思い出した。そういえば15分くらいバイクの電源入れっぱなしにしてたような。。。

まさかアレでバッテリー上がったのか。まぁ、、そうだろうな。

でもバッテリーチャージャーやケーブルとか持ってきてないし、、、、どうしよう。

そうだ、受付で相談してみよう!ってことでエンジンを切ったままフォルツァとともにホテルまでの坂を下る。山頂にテントサイトがあって良かった、、、

フロントに無事到着して事情を説明。スタッフの方がケーブル出してきてくれて、軽トラとフォルツァのバッテリーを繋いでくれました。

そしたらエンジン一発始動!!おぉぉぉぉぉおおおお!!!!

峰山高原リゾートの方々には本当に感謝です。ありがとうございます!!

その後バッテリー充電のために大阪までエンジンをノンストップで帰宅。(下道を3時間30分)

ジャンプスターター、買おうかなって本気で考えた。モバイルバッテリー代わりになるし。

でもそれはまたの機会に。

コメント

タイトルとURLをコピーしました